COD:MW WarZone攻略

COD:MW

リリース開始からわずか1日でプレーヤー数が600万人に到達して話題になった「Call of Duty:Warzone」、今度はリリースから4日で1500万人に到達したと、Call of Duty の公式アカウントがツイートしました。

 


WARZONEモードについて

PLUNDER(お金を稼いで一位を競うモード)、BATTLE ROYALE(150人の中チーム三名(現在は4名)で一位を競うモード)、BATTLE ROYALE SOLOS(150人の中一人で一位を競うモード)があります。

ゲームを開始すると、待機ルームへと送られます。

ここでは待機プレイヤーが降下してくるので、倒しても構いませんし、

マップの探検等もできます。

敵を倒すと銃の経験値にもなるので、無駄な時間ではないのです。

ゲームが開始されるとバトルロワイヤルゲームでおなじみの空中降下から始まります。

マップはとても広く様々な乗り物、クレート、契約があります。

基本的に降下ルートの真下には降りるプレイヤーが多いので戦闘を楽しみたい方におすすめします。

降下するといろいろな場所にクレートやお金、武器、弾薬が落ちています。

クレートは青いクレートとオレンジ色のクレートがありますが、レアなアイテム、お金が多いのはオレンシのクレートです。

オレンジのクレートには自己蘇生キットや、キルストリークなどレアなアイテムの割合が多いです。

契約について

バトルロワイヤルモードとPLUNDERモードでどちらにもある契約についてです。契約には、バウンティ(近くの敵チームを排除)、リーコン(近くの拠点を確保)、スカベンジャー(近くにコンテナが出現、3箱獲得するとミッションクリア)があります。各契約によって報酬金額が異なりますが、一番多くもらえる契約はバウンティーです。ですが、その分相手チームに反撃される恐れもあるので注意が必要です。また、契約の場所に相手チームがいる場合もあります。

□バウンティー(敵チームの排除)

□リーコン(拠点の確保)

□スカベンジャー(物資の確保)

救援物資について

一定の時間が経つと航空機から救援物資が投下されます。投下される場所はランダムですが、高額なお金が入手できるチャンスでもあるので、積極的に取りにいきましょう。ただ他のチームも狙ってきますので、注意が必要です。

マップ上にこのようなお金のマークが出てきます。これが救援物資のアイコンです。

箱から緑の煙が出ているところに救援物資が落ちています。

ゲーム終盤には

ゲームには時間制限があり、一位のチームが1Mを超えた時点で、救援物資を落とす攻撃ヘリが登場し、残り時間が3分程度になってしまいます。このヘリはプレイヤーを攻撃してきますが、ヘリを落とすことにより、救援物資と同様の箱を落とします。落ちる地点はヘリが墜落する地点なので少しランダムに近いです。

優位にゲームを進めるには

□契約、救援物資を積極的に狙っていく

他のチームから妨害を受けなければ1Mを稼ぐのも夢ではありません。

□敵チームから略奪する

他のチームからお金を略奪するのも手です。ただ、反撃される可能性もあるのでリスクも高いです。

他プレイヤーに倒された場合

他のプレイヤーに倒されるとお金、武器、キルストリーク等が落ちます。

お金がもし10万だった場合半額を落としてしまいます。また所持金がなかった場合には2万を落とします。

 

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました