亜鉛とは

健康

亜鉛とは

亜鉛は体内に約2000mg存在し、主に皮膚、肝臓、腎臓などにある成分です。 タンパク質を形成する成分です。

人間の体に必要とされている必須ミネラルがありますが、自身で作ることの出きない成分なので食事や飲料水などで摂る必要があります。不足してしまうと、体に異常がでてしまうので注意が必要です。

亜鉛の働き

味覚を正常に保つ

舌にある受容器官で私たちは味を感じとりおいしいなどと感じて食事を楽しんでいます。亜鉛は舌において、重要な働きを担っています。

舌の細胞は短期間で細胞を次々生まれ変わらせているため、材料となる亜鉛を常に必要としています。亜鉛を十分に補うことで、舌の働きを保つことができます。

抗酸化作用

アンチエイジング・生活習慣病予防にも効果が期待できます。

成長期の子供にも必須

タンパク質と合わせて亜鉛を摂取することで、さらに成長が高まります。特に成長期の子供には必要な成分でしょう。

髪や肌の為に

皮膚や髪もタンパク質からできています。皮膚や髪も亜鉛を積極的に摂ることで美肌・美髪効果につながることでしょう。

生殖機能にも

男性の精子には亜鉛は多く存在します。精力を上げたい方にもおすすめです。

 

※注意

ただし亜鉛の摂りすぎにも注意なので一日の摂取量は守りましょう。摂りすぎた場合逆に病気になる場合もあります。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました