糖質とは

健康

糖質とは

糖質は肥満などの原因などと言われていますが、

デンプンや砂糖などに含まれている単糖類の総称で分解されると単糖類になり、体を動かすエネルギーとして利用されます。

□体を動かすエネルギーになる
□体を作るエネルギーになる
□体を修復するエネルギーになる

糖質はなぜ太る原因になるのか

炭水化物などに多く含まれている糖質は、消化する過程でブドウ糖が生成されます。ブドウ糖の一部はグリーコーゲンという成分になり、体の活動を支えるエネルギーになります。炭水化物を基礎代謝(普段消費するエネルギー)以上を摂ると血糖値が急激に上がり、それを下げようとするインスリンが大量に分泌されてます。この状態になると、ブドウ糖は中性脂肪に代わってしまい、脂肪としてため込まれてしまうのです。食べた分のエネルギーを消費できなくなってしまい、脂肪になってしまうのですね。

なるべく糖質を減らす食事にするには

糖質ダイエットという物もありますが、完全に糖質を抜く必要はありません。あくまでも摂取量を減らせばいいのです。逆に糖質ダイエットで体調不良や便秘になったりなどすることもあるので注意が必要です。

□魚介類を食べる

魚やえび、かになどの甲殻類、ホタテやあさりなどの貝類は糖質が少ないです。また青魚には血流を促す働きもあるので積極的摂取しましょう。

□キノコ類を食べる

きのこ類は100gあたり約20kcalと低カロリーな食品です。また食物繊維が豊富でダイエットの手助けにもつながり、コレステロールや脂肪の吸収を抑える働きもあります。

□野菜を食べる

皆さんがご存じかと思いますが、ダイエットには野菜が不可欠です。野菜に含まれるビタミンやミネラルは体の代謝を上げてくれ、野菜自体も低カロリーなので、おすすめです。

□サラダチキン、脂身の少ない肉類を食べる

サラダチキンは200gあたり約105kcalと少なめです。また肉の中でもサラダチキンに使われている鶏のむね肉は低カロリー、高たんぱくなので食べ過ぎても太りずらくなるでしょう。

□大豆製品中心にする

大豆には多くのたんぱく質が含まれており、畑の肉ともいわれる程です。たんぱく質、食物繊維、カルシウム、ビタミンなど栄養も豊富で低価格で魅力的です。

□おでん

おでんは大根、こんにゃく、白滝など糖質が少なく、食物繊維やたんぱく質が豊富なものがおでんの具として使われ、満足感が大きいです。

□スープ類だけにする

スープは水分が主に使用されているので、満腹感も感じやすく、野菜が嫌いな方でもおいしく召し上がれます。

最後に

なるべくストレスを感じることなく、食事を摂れる料理がダイエットの一番の近道だと思っています。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました