生まれる時代を間違えた無職

無職日記

どうも無職おじさんです。最近好きだったゲームも少し飽きてきました。人生って毎日同じのことの繰り返し。今でも高齢者が多くいるのに、これ以上増えたら若者たちの収入より支出が多くなり、もはや生きている意味が分からなくなる時代がくるのかもしれません。

バブル期には

日本にも高度経済成長期というのがありました。給料は今の約2倍もらえていて経済も回っていました。バブル崩壊後失業者が増え、不況が続き、今の日本は、給料も少なく、趣味に使えるお金もない、もはや生活するだけで精一杯の人達で溢れています。

結局お金がすべて

お金がなくても幸せに暮らせるなどと言う人がいますが、私はそうとは思えません。お金がなければ、生活もできませんし、趣味にお金も使えず、働くモチベーションも上がりませんよね。仕方なくみんな仕事していますよね。

今の時代に生まれるべきではなかった

私は現代に生まれるべきではなかったと思います。生まれるとしたら人類が生まれた当初だとしたらなにも考えずに生きるためだけに生活をしていたでしょう。もしくは、現代の技術が発達して、人間が働かなくてもロボットが仕事をしてくれる、世界の人間が平等に暮らせるそんな世の中になっていることを期待して、未来に生まれてみたかったです。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました